アース法律事務所
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 取扱業務
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ
B型肝炎
型肝炎

B型肝炎訴訟とは、幼少期の集団予防接種等の際に、注射器を連続的に使用されたことが原因でB型肝炎ウイルスみ感染された方について、国がその責任を認め、これによりB型肝炎ウイルスに感染された方と、その方から母子感染された方(相続人を含む)を救済する制度です。

  • 病状に応じて、定められた給付金が支給されます。
  • その他、検査費用は弁護士費用などの手当金が支給されます。

病状別の給付金例

発症後、20年未満 発症後、20年経過
死亡、肝がん又は肝硬変(重度) 3600万円 900万円
肝硬変(軽度) 2500万円 治療中 600万円
未治療 300万円
慢性B型肝炎 1250万円 治療中 300万円
未治療 150万円
無症候性キャリア 集団予防接種の日から20年未満
600万円
集団予防接種の日から20年経過
50万円+検査費用等

※無症候性キャリア・・・B型肝炎ウイルスに感染しているが、肝炎を発症していない(検査で肝機能が正常な)方

上記給付金の支給を受けた方の病態が進展した場合には、
既に支給された給付金との差額分が追加給付金として支給されます。

B型肝炎給付金請求にかかる費用

B型肝炎給付金請求にかかる費用

※無症候性キャリア(給付金50万円の場合)時の弁護士費用は10万円となります。
※消費税は別途請求致します。

ご相談から解決まで

1 無料相談まずは弁護士が面談します。

お電話もしくはメールでB型肝炎専用ダイヤル03-6383-2444にお電話していただくと、B型肝炎担当所員がご相談を伺います。

2 必要書類の収集提訴の為の準備をします。

B型肝炎訴訟では、必要な書類を予め国が例示しています。事例(症状)に合わせたご説明(対応方法)を担当所員がおこないます。

3 裁判所への提訴訴訟手続をします。

必要書類の準備ができましたら裁判所に提訴します。
裁判対応は弁護士がおこないます。

4 給付金の受取り弁護士によって和解をします。

裁判により国との和解が成立しましたら、国の窓口である「社会保険診療報酬支払基金」に給付金等の支給の請求をおこないます。

B型肝炎訴訟による給付金制度はB型肝炎ウイルスに感染された方に自動的に支払われるわけではなく、訴訟手続きを行わなければなりません。

また、集団予防接種等による感染被害の事実と本件救済制度についての周知が不十分であるため、自分が集団予防接種等が原因でB型肝炎ウイルスに感染されていることを知らないままでいらっしゃる被害者が未だ多数であると言うのが現状です。

集団予防接種等による感染被害者数は、およそ45万人程とされております(基本合意当時の国の推計)。
しかし、現時点での提訴者数は約1万5千人程度にすぎません。

ページの先頭へ
お問い合わせ

B型肝炎についてのご相談、お問い合わせはお気軽にお電話ください。

0120-72-3565

お問い合わせ